単音ハーモニカ奏法/綿貫誉著

昭和24年発行、白眉社。
非常に古い単音10穴ハーモニカ、今の10ホールズ(俗に言うブルーズハープ、これは実はホーナー社の商標ですが)ハーモニカの教本です。
もちろんブルーズ的な奏法を解説しているわけではないですが、最初の方に載っている図を見ると今の10ホールズと同じ音の配列であるのがわかって興味深いです。
全24ページの非常に質素な本ですが、ハーモニカと言えば復音ハーモニカが主流だった当時の日本で、欧米では非常に普及している単音ハーモニカの普及に努めた著者の熱意が伝わって来るようです。
古いものなので、経年の劣化などありますが、書き込みやひどい汚れなどはありません。

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。